電子書籍プレゼント

“ウズウズ出版の出版ノウハウを大公開!!

2013年9月にJR大阪駅前グランフロント大阪OSAKA INNOVATION HUBにて、大阪市と共催で電子書籍出版セミナー『Amazon kindleではじめての電子書籍出版! ~あなたのコンテンツを世界の本棚に~』を開催しました。

当日は120名を超える参加者に参加いただき、大変好評を得ました。
お話させていただいた内容は、私たちが実際の出版時に行っているノウハウを包み隠さずすべて!

セミナーに参加された数名の方から、数日後に「実際に出版しました!」と報告があったぐらいに具体的にお話させていただきました。
このセミナー内容を電子書籍で出版しました。これから電子書籍出版をお考えの方に、ご一読をオススメいたします!

※当日の様子をこちらのブログ記事でご覧いただけます!
「グランフロント大阪のセミナー盛況でした!」

“書籍の内容は原稿を書くコツから販促まで!

電子書籍『Amazon kindleではじめての電子書籍出版! ~あなたのコンテンツを世界の本棚に~』では、私たちの実体験をありのままお伝えしています。

わずか1ヶ月で出版に至らせた具体的な方法、執筆のモチベーションの保ち方、必ずおさえておくべき10のポイント、そして複数の書籍でカテゴリー1位を実現させた販促方法などなど、あますことなくAmazon Kindleでの出版ノウハウが書かれています。

目次
■はじめに
■ウズウズ出版プロジェクト立ち上げの経緯
■電子書籍コンテンツ参入は、今がチャンス!
■プロジェクト発足後、わずか1ヶ月で4冊を出版!?
■出版するためにやるべき8つのこと
1.出版する目的を決める!
コラム 1 個人ブランディングツールとして活用
コラム 2 仕事上のコミュニケーションツールに活用
2.文字数を決める!
3.締切りを決める!
コラム 3 タイトな締め切りと仲間がいるから出版できた
4.引用など法律的なポイントを押さえる!
コラム 4 著作権には注意しましょう!
5.タイトルと目次をつける!
コラム 5 タイトルは難しい。1人で考えずに周囲の意見も聞きましょう
6.文章を書く! そして推敲、添削、修正!!
コラム 6 読みやすく分かりやすい文章のために、推敲が必要です
7.表紙デザインをつくる!
コラム 7 差別化のためには、洗練された表紙デザインが重要
8.価格を決める!
■いざ、出版。著書をAmazonの本棚へ!
コラム 8 出版手続きをしてから、約3時間後にAmazonの本棚へ並んだ!
■販促が売上げ販売数を決める
■ブランディングへの生かし方
コラム 9 仕事の幅も広がり、新たな出会いもありました
コラム 10 Kindleだから出版ができました
■グループ出版のすすめ
■あなたのコンテンツを世界の本棚に!
■あとがき

“書籍の感想をいただいています!

  • ブログの執筆にも力が入ります!

    2013年9月のOSAKA INNOVATION HUBで開催された『Amazon kindleではじめての電子書籍出版セミナー』を聞き、鳥肌が立ちました!
    「凄い、こんなことができるだ!」と驚きました。
    私もいつかは本を出版したいと思っていましたが、今までの紙の本は出版するのに、300万円や500万円かかるそうだということで、まだまだ無理だと諦めていました。
    しかし、この電子出版だったら可能だ!と
    早速、ウズウズ出版さんの電子書籍をiPhoneでダウンロードして、読んでみました。
    シンプルな構成で、ワードを使って書かれていて、「これなら自分でもできる」とメラメラとモチベーションが上がってきました。
    更に、今までブログで書いて溜まっているテキストも使える。
    今までの努力が無駄にならない。今までのブログが宝の山に見えました。
    今後もブログを書くのに、いつか電子書籍になると思うと、ブログの執筆にも力が入る。とても嬉しい気持ちになりました。
    電子書籍は一般庶民の味方ですね!!
    本当に電子書籍セミナーを受講して良かったです。
    開催して頂き感謝です。有難うございました!!

    川辺 友之

    川辺 友之様

    株式会社NFL 代表取締役
    [HP]

  • 書籍を読んで実際に自分で出版できました!

    昨年、軽い気持ちで書籍を読んだのに、読み終わった後には「私、本出す!」と周囲に公言していました。理由は三つ。
    「簡単だった」こと。「無料で出せる」こと。「今ならAmazonで1位がとれる」ことでした。今ならAmazon1位が取れて、自社のブランディングに使える。それが無料で簡単にできるなら、やらない理由はない!と思いました。実際、出版翌週に1位を獲得。自分の書籍がドラッカーよりも上位に来たときは興奮しました笑。
    今思えば、添削や表紙作り、タイトル考察はプロの方に頼んでもよかったなと思います。書籍は一つ一つ実行すれば、出版にこぎつけて本当に1位がとれるのでとてもお買い得。先日ある大手企業で人事部長が書籍を読んでくださり、受注に繋がるなど、今ではよい営業ツールになっています。

    高野さん表紙

    悩める上司に贈る 女性に響く15の心得~女性のキモチと行動編~

    女性部下を持つ上司の方に向けて、明日から使える女性部下との接し方について書かかれています。
    ※Amazon販売ページ

    高野 美菜子様

    高野 美菜子様

    (株)ナチュラルリンク 代表取締役
    [HP]

  • 実際の体験談が熱く語られた一冊

    この本は,2013年9月に大阪で開催されたセミナーを元に書き起こされた本である。
    この本を読めば,誰もが「これ,今やらんとあかんのとちゃうのん?」と思うに違いない。
    ウズウズ出版は大阪の起業家勉強会ウズウズ(知恵の共有ワークショップ)においてメンバーの一人が電子書籍について講演したことがきっかけだという。その講演の熱気の中で勉強会のメンバーが即座に出版プロジェクトを立ち上げ,あっという間の勢いで4冊もの電子書籍を発行。その後も,続々とシリーズが続いている。
    この勢いの中で,実際に関わったメンバー達がどういう思いで取り組んだのか,どんなところが大変だったのか,良かったのか。
    実際の体験談が熱く語られている。
    はっきり言えば,こと「出版」ということに関しては素人でノウハウも殆どない集団だったはず。
    でも,それぞれの専門分野の知恵を出し合い,意見を交換し合い,タイトなスケジュールの中でも,乗り切っていったところにすごさを感じる。
    この本では,グループでの出版をすすめている。技術,知恵の共有や意見交換できるだけでなく,モチベーションを維持するためにも,また売り上げを維持していくのに必須なシリーズ化という面で,一人では難しいことが可能になるからと言う。彼らの実績を見たら,これを否定する材料はない。
    費用無し,リスク無し,やって損は無し。目的を明確にもって,今こそ電子書籍に踏み切るチャンスだという呼びかけは熱い。

    須田 將昭様

    須田將昭様

    ThinkBuzan公認マインドマップインストラクター
    [HP]

  • 誰もがたった一人で出版できるすごい時代!

    本の出版というと一部の有名な方のみができることだというイメージがありました。この本を読んで「電子書籍なら極端に言うと専業主婦や小学生でも、だれもがたった一人で出版できてしまう。すごい時代がやってきたな」とびっくりしました。
    出版の手続きも画像付きで丁寧に説明があります。まるで通販サイトで商品を買う要領で入力していくだけで、簡単にアマゾンのサイトに自分の原稿を書籍として登録できることも衝撃でした。
    ウズウズ出版さんは本を出版するだけでなく、ブランデイングすること、さらにずっと露出し続け、本を売り続けることをまで考えて取り組んでいることが分かりました。そのノウハウが書いてあるのがよかったです。電子出版に興味はあるものの、前に踏み出せない方には、この本が最初の一歩として役立つと思います。

    国広裕美子様

    国広裕美子様

    ダイエット&痩身サロン リファインオーナー
    [HP]

  • 販売数を伸ばすノウハウが目から鱗!

    この書籍を読んで、自分が思っていたより非常に簡単に電子書籍ってできるんだなということが分かりました。
    書籍の中で、Amazon kindleの管理画面のキャプチャーを1枚1枚はりながら説明をしてくれていたのでとてもわかりやすかったです。
    また、出版しても売れなかったら意味がないなぁと思っていたのですが、その点もシリーズで出すことにより販売数を伸ばすノウハウが書かれていたり、実践的な内容がたくさん書かれていて参考になりました。
    読み終わって、「自分も出したい!」という気になりました。
    ただ、書籍の中にも書かれていたように、誰かに期限を決めてもらわないととても自分だけでは書けないなとも感じました。
    出版したいコンテンツが見つかった際にはぜひウズウズ出版さんに相談させてほしいと思います!

    木下陽介様

    木下陽介様

    税理士法人セルボ・クレール代表社員
    [HP]

  • グループで結果を導き出す仕組みを構築している点に感心!

    私が所属する異業種交流グループ(西淀川経営改善研究会:以下NKK)の活動30周年記念出版とNKK・はじめ研究所のロボットプロジェクトで進行中の4mロボットプロジェクトの活動記録をするうえで、電子出版の可能性を探るために読みました。
    ウズウズ出版プロジェクトは、各分野の専門家が能力を生かし、協力して効率よく出版を行い、グループ全体としていい結果を導き出す仕組みを構築されている点に感心しました。特に全体をまとめ上げておられる代表の板羽さんのプロジェクトマネージメントの手腕に感服しました。
    電子書籍は、出版コストもかからないようなので、会社のカタログや技術資料なども電子出版化してお客様に配布するのもいいかなと考えています。
    私は多読派なので、読み終えた本の置き場所に悩まない電子書籍は非常に便利です。文字サイズも変更でき、老眼鏡をかけずに読める点も大変助かります。どこでも同時平行で数冊の本が読めるのがいいですね。

    三木繁親様

    三木繁親様

    (株)三木製作所 代表
    [HP]

  • 出版から売り方まで分かりやすく説明されています

    何度か自著を出版したことがあります。そして思うことは、なかなか自分の思い通りのものができないということです。
    企画の段階から編集者の意向もはいるし、出版社にとって売れるものかどうか、ということは出版にむけて大きなハードルになります。そして出版されたあとは、ある程度売れなければ次へのハードルがますます高くなります。
    わたしが電子書籍出版に注目したのは、自分の思い通りのものを気軽に出せるという点です。これは大きな魅力です。
    ただ、環境を整えるためには、いくつか面倒な準備がいりそうでした。まわりに相談できる人もいないときに、ウズウズ出版から出版した松野光次さんにこの書籍をご紹介いただきました。
    本書では、出版のメリット、実際の手続き、売り方について、例を挙げ、わかりやすくして説明してくれていました。

    東洋医学の春夏秋冬

    東洋医学の春夏秋冬―セルフケアでからだを整える

    東洋医学をベースに四季に応じた自分でできるセルフケアのポイントを丁寧に説明し、花粉症やのぼせなど各季節に多いトラブルの対処方法を伝授。
    ※Amazon販売ページ

    大上 勝行さん

    大上 勝行様

    おおうえ薬局治療院
    [HP]

“無料プレゼントのお申込みはこちらから!

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

住所(必須)

ご職業

ウズウズ出版を知ったきっかけを教えてください

備考

※ご登録いただいたメールアドレスに電子書籍出版に関するお役立ち情報、ウズウズ出版からのお知らせを送付させていただくことをご了承くださいませ。

※上記目的以外にいただいた情報は使用いたしませんのでご安心くださいませ。

フォームを入力したら「確認」にチェックを入れて
「送信」ボタンをクリックして下さい。

確認

↑ ページトップへ