私たち、ウズウズ出版で夢を叶えました!

私たち、
ウズウズ出版で夢を叶えました!

  • 吉武工務店 代表

    吉田丈彦 さん

    「空間が会社を変える! 企業活性化空間への挑戦」

    「社員に生き生きと創造性の高い仕事をしてほしい」「社員間のコミュニケーションがうまくいってほしい」「他社と差別化ができる商品をつくりたい」本書では、これらを解決する手段のひとつとして、社内に「創造する空間 ~クリエイティブ ワークスペース」を設けることをお勧めしています。中小企業経営者の方に読んでほしい一冊。

    amazon購入ページはこちら

  • 今回、どんな本をだしましたか?

    「空間が会社を変える」というテーマで、出版しました。

    私自身、会社を経営していて、社員が快適に過ごせる空間、最高の仕事をする空間を用意するのが、経営者の役割だと思っています。社員に「ガンバれ!」とハッパをかけるのではなく、社員が自発的に生き生きと創造性が高い仕事をしたくなる会社にするには、どうしたらいいのか?

    工務店を経営し、各社のオフィス施工に携わる中で得た経験をもとにして本を出しました。

  • 出版されたご自分の著書を見て、どんな感じですか?

    最初は「ほんまに出版できんかな」と思ったけれど、Amazonで自分の名前を検索したら「空間が会社を変える」が出てきたので、驚きました。Googleで検索すれば、自社サイトが表示されたりするけど、Amazonでもヒットするというのが新鮮でした。

    「ほんまに自分が著者になったんやー」と照れくさいような誇らしいような気分ですね。

  • 周囲の反響は?

    「出版おめでとう!」とか「ベストセラー作家さん!」とか、何かすごいことをやったかのごとく言われます。
    facebookで出版の報告をしたら、友達からお祝いのコメントをいただいたり、リンクをシェアしてもらったりしました。みんなが書籍情報を拡散してくれるのが、とても嬉しかったです。

  • なぜ、電子出版をしようと思ったのですか?

    空間に対する自分の考えや思いを多くの方に、強く訴えたかったからです。
    私より半年早く、大阪府中小企業家同友会で一緒に活動している本田麻里さんが、電子書籍を出しました。彼女が「本を出すと、自分の仕事に対する考えを人に伝えることができて、すごく面白い!」と楽しそうに話していました。

    同友会で、スピーカーを頼まれて“オフィス空間活用術”の話をしたときに、本田さんのことを思い出し「あ、これをまとめたら本になるかも!?」と出版する気になりました。

  • ウズウズ出版を選んだ理由は?

    以前から、自分の仕事について本を出してみたいと漠然とした思いがありました。どこに頼んだらいいか分からなかったし、原稿もどう書いたらいいか分からないし……。書きたいことが見えてきても、出版に向けて動きだすためのハードルが高かったんです。

    友人の本田さんが本を出していて、ウズウズ出版ならいろいろサポートしてもらえると聞いたので、安心して任せられると思いました。

  • ウズウズ出版に頼んでみてどうでしたか?

    本を出すのが初めてだから、他の出版社と比べてどうというのは分からないけれど、いろいろと相談にのってもらえたし、一生懸命やってくれたので頼んでよかったです。

  • 原稿作成で、悩んだことはありますか? どこに苦労しましたか?

    いざ、本を出すとなると日頃から考えていたことを、そのまま書くのが不安になりました。自分の思っていることや信じていることが本当に正しいことなのか? と……。専門知識についても改めて調べ直したり、裏付けをとったりしました。また、その中から、自分が何を語れる何かを学ぶことができました。

    あとは、読んでくださる方に伝わるように言い回しを工夫したり、本の構成を考えたりするのが大変でした。

  • (それを)どのようにクリアしてましたか?

    ウズウズ出版のオプションサポートを使ったので、構成や文章についてはライターさんが相談にのってくれました。いきなり原稿を書き出すのではなく「なんのために本を出したいのか?」「誰に、どんな思いを伝えたいのか?」からヒアリングしてもらえたおかげで、自分の考えを見つめ直すいい機会になりました。

    日頃、ブログやfacebookに書く文章よりも、ちょっと改まった文体にしてもらえてよかったです。

  • この本をどなたに読んでほしいですか?

    中小企業経営者にぜひ読んでほしいです。なかでも、「会社をもっともっと良くしていきたい!」と考える前向きな社長さんに読んでもらいたいです。

    本を読んだ方から、問い合わせがきたら嬉しいですね!!

    ⇒吉田さんが代表を務める吉武工務店さんのHP

  • 樋口愛峰 さん

    可児雅昭 さん

    西山純一 さん

    「こころdeダイエット」

    「ダイエットというと、食事制限をしなくちゃ! もっと運動をしなきゃ!! と考えがちです。 もしくは、「XXXだけで3日で5kg減!」という、怪しげな情報……。
    この本は、そのどちらでもありません。
    ダイエットの本質は、こころのケアにあります。
    まず自分の感じているストレスと向き合うことから始めましょう。
    あなたにとって、本当に必要なダイエットは?
    もしかしたら、減らさなくてはならないのは体重ではなくて、ストレスかもしれません。
    巷のダイエット本とは、全く違うアプローチをしている本書を読んで「自分を責めないダイエット」で心身ともに健康なってください。

    amazon購入ページはこちら

  • 今回、どんな本をだしましたか?

    心理カウンセラーと心理を専門とするパーソナルトレーナーの3名の共著です。
    ダイエットの繰り返しで悩んでいる、苦しんでいる女性に向けて執筆しました。『ダイエット』の社会的洗脳から脱却するための方法、情報に振り回されない自律した考え方、いま・ここの気づきの大切さをマインドフルネスをとおしてお伝えしています。
    ダイエットがうまくいくかどうかは心の状態で決まります。運動や食事内容を充実させても、自分の心の声に気付かなければダイエットは成功しません。
    ダイエットを取り組む前に、自分の心の状態に目を向けることの大切さを読者の方に知っていただけたら嬉しいです。(西山純一さん)

  • 出版されたご自分の著書を見て、どんな感じですか?

    私たちが日頃から考えていることが、電子書籍になって嬉しいです。自分達の理念を改めて確認できた感慨深さがあります。
    正直なところ自分が書いた文章を見て、もっとうまく表現できるのに、もっとわかりやすく伝えることができるのに…… という思いもありますが、いつか出版しようと考えていてもなかなか行動に移せなかったので、今回三人で出版できてよかったです。(可児雅昭さん)

  • 周囲の反響は?

    出版してまだ2週間なので、今はまだそんなに影響は感じていません。カテゴリー部門1位の連絡を担当さんからいただいたときは、とても嬉しかったです。いつも私達の活動を応援してくださってる大切な方へ、少々興奮気味にメールを送ってしまいました(笑)
    「本出すってすごいな〜」とか「紙の本も出して〜」と言われています。少し照れくさいですね。(樋口愛峰さん)

  • なぜ、電子出版をしようと思ったのですか?

    2014年4月に「文章をスラスラ書く“3つの裏技」セミナーに参加しました。その中で新しい情報発信ツールとして電子書籍が紹介されていて、「自分にも電子書籍が出せるかも!」と思いました。
    やるなら今だとピーンときたので、すぐに西山さんと樋口さんに「一緒に本を出そう!」と提案しました。
    自分達が持っている知識やノウハウは世の中の人に役に立つと確信していましたので、電子書籍を出せばより多くの人に伝えることができるなと思ったからです。(可児雅昭さん)

  • ウズウズ出版を選んだ理由は?

    電子書籍の出版についての実績とノウハウがあるのが決め手になりました。初回の打ち合わせで、私達の書籍を担当してくださった担当さんにお会いしたときにとても好感がもてました。
    サポート体制がしっかりしていて安心を感じることができたので、安心してウズウズ出版さんにおまかせしようと思いました。(西山純一さん)

  • ウズウズ出版に頼んでみてどうでしたか?

    共著なので、西山さんが代表となり、窓口を一本化して担当さんと対応していました。
    原稿が完成し、出版するまで担当さんがそれぞれの著者に対してしっかりサポートし、いろいろと相談にのっていただけたので安心できました。
    デザイナーの多陀さんは、表紙のデザインや文言のアドバイスが的確でよかったです。素晴らしい表紙を作っていただき満足しています。
    電子書籍は 紙の本とは違うなと思いました。(樋口愛峰さん)

  • 原稿作成で、悩んだことはありますか? どこに苦労しましたか?

    自分の考えや思いを文章化するのは思っているより難しかったです。 何回も書き直しをしました。全体像はすぐにできたのですが、細かいところの表現や文言の見直しは非常に時間がかかり締切ギリギリまで、粘って書き上げました。
    共著ということで、3人の文章のバランスにも気をつかいました。(可児雅昭さん)

  • (それを)どのようにクリアしてましたか?

    最初から上手い文章を書こうとは思わず、まず書きやすいところから書き始めました。
    3人がお互い書いた文章を見せ合い、ダメ出しをし合って完成させました。西山さんの編集に大変お世話になっています。
    1人で執筆するよりも心理的に楽だったし、この3名で本を出版できて本当に良かったと思っています。(樋口愛峰さん)

  • この本をどなたに読んでほしいですか?

    20代30代のダイエットに失敗した経験のある方、彼氏、パートナーとハッピーに過ごしたいと思う方、人生に悩み多き方……、そんな女性をイメージして執筆しました。書き終えて読み返すと、女性に限らず男性にも読んでいただきたいと思う本になりました。(樋口愛峰さん)

    何回もダイエットをくり返してしまう人に、ぜひ読んでもらいたいです。単なるダイエットハウツー本ではないので、ダイエットだけではなくいろいろな悩みを解決できる内容になって います。(可児雅昭さん)

    この本はダイエットに悩む女性に向けて書いた内容ですが、男性やダイエットに興味のない女性にも読んでいただきたいです。テーマはダイエットですが、人間関係や将来の夢で悩んでいる人にとっても解決になるヒントがちりばめられています。
    私たち3名の考えに共感して頂けるのならば家族や友人、知人にもぜひおススメしてもらいたいです。(西山純一さん)

まずはあなたのご要望をお聞かせください。
ウズウズ出版スタッフが懇切丁寧に
相談に応じさせていただきます。

メールでのお問い合わせはこちら

↑ ページトップへ