【新刊ご案内】そのサロンには、ヘアカラーがない〜美容室のためのブランディングのヒント〜

板羽宣人

著者:板羽宣人

更新日:2016.11.30

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新刊のお知らせです! 本日、Amazonで発売開始されました。

「そのサロンには、ヘアカラーがない〜美容室のためのブランディングのヒント〜」

美容師の方、経営者の方にお勧めの一冊です。

【著者からの内容紹介】
こんにちは、著者の前川佳亮です。

私は外資系美容メーカーの営業マンです。

自社の商品を美容室に提案することが本業ですが、
それとは離れた事をずいぶんやってきました。
美容室の社員旅行をプロデュースしたり、
代理店向けのメールマガジンを作ったり。

人気美容師育成の為のセミナーの企画や、
美容室のコンセプトを作り直す手伝いまで行いました。

私の仕事は『自社の製品の販売』ではなく、
『美容室発展の手伝い』なのです。
美容師の仕事が『髪を切る事』ではなく
『お客様を綺麗にする事』であるように。

そしてそんな事を続けていたら、
あることに気が付きました。

「お客様から見るとどこの美容室も同じである」
という事実です。

魅力のあるお店はたくさんあるのに、
その威力が伝わっていないのです。

この問題を何とか解消したくて、
本書にまとめた活動を行いました。

全ての美容室には魅力があります。
その魅力をわかりやすい言葉に変える。

本書はその手法をまとめたものです。

アートディレクターの蝦名龍郎さんに
たくさんのイラストを描いてもらって、
『アートブックのようなビジネス書』
をコンセプトとしました。

楽しく読んで頂けたら幸いです。

お買い上げの皆様に、
ブランディング事例のプレゼントもご用意いております。

【目次】—————————————-
まえがきに代えて、短い物語

第一章:人は欲しいものにお金を使い、必要なものを節約する
①美容室年間利用回数5.6回が証明する現実
②欲しいものと必要なもの
③お客様は違いがわからないと価格でしか選べない

第二章:マイナスはゼロに戻すのではなくプラスまで引き上げる
①失客の理由があるのではなく再来店の理由が無い
②髪は伸びていないけど行きたくなる美容室へ
③美容室に行く理由を増やし続ける

第三章:スタッフが明日も行きたくなる美容室には何があるのか?
①人材は育たない?
②企業理念を翻訳する
③全ての女性の為の店に全ての女性は来ない

第四章:あたりまえの檻の外で魅力的な違和感をつくる
①今までの発想の範囲の中では悩みは解決しない
②あたりまえの檻の外に出る方法
③成功事例の罠

第五章:髪は伸びてないけど行きたい美容室のつくり方
①まず企業理念を翻訳する
②翻訳した強み・役割・めざす姿から、誰の為の店なのかを具体化する
③魅力的な違和感のあるサービス・メニューをつくる

プレゼントのおしらせ

おわりに
—————————————-

◆Amazon Kindleで購入 →
https://www.amazon.co.jp/dp/B01N66M1BW/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

板羽宣人

板羽宣人

株式会社ベビログ 代表取締役。1974年生まれ。地方公務員を8年勤めたのち2006年起業。ECサイト、地域コミュニティサイト、ブログメディアなどホームページを自社運営する一方、その運営ノウハウをもとに、企業のコンサルティングを請けおっている。ウズウズ出版代表。著書として「個人事業・中小企業者のための売れるホームページに必要なたった3つのポイント」「閉塞感のある君へ。こっちへおいでよ。 人とつながって情報発信するコミュニティ型生き方の秘訣 」(共著)がある。

→ 板羽宣人 の投稿一覧

まずはあなたのご要望をお聞かせください。
ウズウズ出版スタッフが懇切丁寧に
相談に応じさせていただきます。

メールでのお問い合わせはこちら

↑ ページトップへ