東京・大阪の起業家 勉強会 wisdom sharing work shop✤ウズウズ✤ ~知恵の共有ワークショップ~/IT

第69回勉強会:『SWOT分析とITを駆使して戦い抜いた選挙戦略』講師:前川進介氏

  • 日時:2013年1月23日(水)19時00分~20時30分(懇親会21:00~)
  • 場所:天満インキュベーションラボ(アクセスマップ)
  • 会費:勉強会 1,000円  懇親会 3000円(予定)
  • 募集人数:30名
  • ↓↓↓とりあえず予定に追加する!↓↓↓
    Google Yahoo! Outlook iCal Email MySpace Facebook Twitter Add to cal! by caleynog 

    senkyo
    2012年11月18日兵庫県丹波市議会議員選挙。
    そこに立候補したのが横田いたるさん、30歳。

    ・平均年齢60代の市議会
    ・投票率70%を超える村型選挙
    ・選挙準備期間わずか10日間
    ・地元民ではなく縁もゆかりもない丹波へのIターン

    このような状況下で、いったい誰が彼の当選を予測できたでしょうか。
    そうなんです。横田さんは見事1784票獲得し、23人中9番目の上位当選を果たしたのです。
    いったいなぜ横田さんは当選できたのでしょうか?
    それには、横田さんの魅力やがんばりはもちろんですが、それ以外に、ソーシャルメディアを駆使して情報収集、経営分析に用いるSWOT分析で戦略を立てるなど、種々の戦略を駆使した、横田さんを支えるサポートチームのがんばりがあったのです。
    その様子は下記の記事に詳しく書かれていますので、ぜひ読んでみてください。
    カネがなくてもソーシャルのつながりと熱意で選挙は勝てる 出馬決意からわずか10日で当選した横田いたる氏のケース【湯川】
    今回のウズウズはそのサポートチームで後援会長として、陣頭指揮を取られた前川進介さんをお招きし、どのような戦略で当選を勝ち取ったのかお話をお聞きします。
    前川さんはこのように言います。
    「本当に町を良くしたいと誰よりも強く思っている若者たちが、その思いのすべてをぶつけるべく、今回の選挙をSWOT分析とITを駆使して戦い抜いた、その裏側って、実は会社を経営することとそんなに変わらないんですよ」と。

    maegawa01.jpg
    株式会社みんなの村 代表取締役 前川 進介氏facebook)
    神戸大学農学部を卒業後、株式会社ファンケルにて化粧品製造の生産技術、青汁事業の商品企画などの職歴を経て、2009年、父親が社長を務める株式会社M&G(現:株式会社みんなの村)の取締役として丹波市にUターン。メイン事業の木酢液の製造販売で売り上げを数倍に伸ばしながら、丹波男子と都市部女子の縁を結ぶカップリングパーティーや、1万人規模のフェスティバルなどのイベントを企画実行するなど、町づくりにも積極的に関わってきている。
    ・1歳と5歳の男児を持つ父。
    ・妻は関東人(ツッコミがない)。
    ・副業でテニスのコーチをしていたくらい、テニス好き(右でも左でも打てます)。
    ・お酒飲みます(飲んだらメモリなくなります。でもなぜかCPUはちゃんと稼働してるみたいなんでご安心を。)。
    ・20~30代のIターン専用シェアハウス「みんなの家」の家主でもあります(アホしか集まらないシェアハウスに向けてコンテンツを準備中!)

    コメント(4)

    1. 加藤久 より:

      勉強と懇親会ともに参加
      自営業をしています。
      よろしくおねがいします。

    2. 玉本ルミ子 より:

      1.【勉強会】参加
      2.【懇親会】不参加
      3.【簡単な自己紹介】保健師です。病院併設の健診センターで働いています。
      4.【ひとこと】ITもSWOT分析も、そろそろ使えないといけない雰囲気になってきました。期待しています (^^)V

    3. 恋っていぅほど素晴らしく無いんで。 えぇ

    4. 松野 光次 より:

      1.【勉強会】参加
      2.【懇親会】不参加
      3.【簡単な自己紹介】住吉区で鍼灸院をやってます。
      4.【ひとこと】SWOT分析と選挙、参加せん訳にはいかないな(^^)

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    *

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)